Sheldlake通信

ビオワインとは

今やネットや街中で見かけることも珍しくなくなった「ビオワイン」。
「自然派ワイン」「オーガニックワイン」などとも呼ばれ、人気を集めています。“頭痛がしない” “消化に良い” などと言われているのを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。


自然に敬意を払い環境に配慮した農法、飲んだ人の身体にも優しい醸造。
ブドウが生まれる土地と、各々の品種特性を真っすぐに感じることのできる味わい。
「“柔らかさ”とは」を思い出させてくれる口当たり。

世間一般に広まるにつれ、同時に誤解も流布している感のある「ビオワイン」。 一体どういうものなのでしょうか?

ビオワインとは

・有機農法によって栽培されたブドウを原料とし
・酸化防止剤を始めとした添加物を最小限に留めたり、補酸や補糖などの“人的介入”をしない醸造


により造られるワイン。

各種農法の違い、また酸化防止剤(亜硫酸塩)の使用許可量などによって、「ビオワイン」は『ビオロジック』『ビオディナミ』などに分類されます。
また、それらの分類に則した国際的な生産者団体が世界各国に存在し、規定をクリアしたワインに認証を与える(ラベルに表示できる)認証制度を行っています。

ビオワインの特徴

その土地の生態系を考慮した自然な農法。余計な先進技術に頼らないワイン造り。
余分なものを足さず、引かず。そうして生まれるワインの味わいは、総じてフレッシュな果実味を真っすぐに味わえ、タンニンと呼ばれる渋みもやんわりと伝わってきます。

亜硫酸塩を始めとした添加物が最小限に抑えられているからか、味わいに固さがなく、口当たりの柔らかい「飲みやすい」スタイルとなります。

また、酸味や渋みに尖っていることがないために、一緒に合わせる料理の味を邪魔することがなく、より多くの料理に合わせやすいという点も注目です。

ビオワインの現状

「ビオワイン」「自然派ワイン」というと、なんとなく健康で“イケてる感じ”がしてしまいますが、ただ「有機栽培」で「人的介入をしない醸造」というだけでは、本当に「美味しいワイン」はできません。 当然、生産者の努力と腕がモノを言います。

日本では現在、「ビオ/自然派/オーガニックワイン」に関する明確な定義はありません(それどころか、法律上は「ワイン」さえ存在しません)。

EUには、「Vin Biologique(ビオロジックワイン)」の認証制度があり、一定の基準を満たすことで「ビオワイン」(Vin Bio)の認定を受け、ラベルに表示することが出来ます。
しかし、その規定は「酸化防止剤である亜硫酸塩の許容量を多少低くした程度で、醸造段階で何十種類もの物質の添加を許可している」との批判も多いのが実情。
ひとくちに「ビオワイン」といっても、“オーガニック”を“コマーシャルの道具”として捉えているワインにあたることもあるでしょう。


そのワインが生まれる畑や醸造所が見えてくる。生産者の熱意と哲学が見えてくる。
信頼するに足るワインを見つけ、味わう。

本当に素晴らしいワインを見つけるためには、“看板”に左右されない、そういった広い視野が必要な時代なのかもしれません。 それは、「ビオワインかどうか」ではなく、ワイン全般に言えることです。

ビオワインの健康面

「ビオワイン」に関して、よくこんなことが言われます。

「頭痛がしない」「消化に良い」

その根拠は上記の「亜硫酸塩」に関係していると考えられています。
「ワインは頭痛がする」「翌日に残るから好きではない」という方も多いのではないでしょうか(私も何度も経験があります)。

必ず言われるのが、「“頭痛の原因は亜硫酸だ”ということには化学的根拠はない」ということ。
確かにそう、“実証”はされてません。 ワインは、何種類もの成分の溶け込んだアルコール飲料。人間に頭痛のような作用を及ぼす原因物質が、添加物以外にある可能性も捨てられません。単純にお酒を飲み過ぎただけでも、頭痛や二日酔いの原因になります。

しかし同時に、“頭痛に亜硫酸は関係ない”とも実証されてません。

そして、問題としているのは、その添加量です。

人間にとって、少量であれば何の害もないものでも、多量に摂取することで悪影響の出る物質は、世の中に多く存在します。亜硫酸塩もワイン造りの中で自然生成する必要不可欠なものですが、一度に多くの添加量を身体に取込めば、人間に害を及ぼします。
それが「頭痛」や「少量でも翌日に残る」という形をとっても不思議ではありません。 そして、アレルギーと同じで、その反応には人により「個体差」があります。毎年花粉症に悩まされる人が多い一方で、全く花粉に反応しない人もいるように。

ビオ/自然派ワインの多くは、この亜硫酸塩の添加量を必要最小限までにとどめます。
また、有機栽培されたブドウを原料としているため、合成農薬・化学肥料などもワインに入り込むことがないため、「化学的危害リスク」はより低いと言えます。

「エコロジー」や「オーガニック」への気運の高まり、そして添加物である亜硫酸塩の含有量などに着目したワイン、というイメージから、日本でも「ビオワイン」が広がりを見せているのでしょう。

ビオワイン生産者の戦い

生態系までを考慮する有機栽培、“人の介入”を減らし添加物も最小限にとどめる醸造。
言葉で表現すれば簡単ですが、それを実現し、安定してワインを供給する事には、非常な困難が伴います。

亜硫酸塩を最小限に留めるという事は、傷や腐りのない、健康なブドウを育て、収穫することが必須となります。それには手間も費用もより掛かります。ブドウの収量も減ります。ワインの生産本数も減ります。
同時に、醸造過程においても、好ましくない酵母菌の増殖するリスクが跳ね上がるため、温度設定などを始め細心の注意が求められます。

それでも、リスクや手間を厭わず、ビオワイン生産者たちはこのような手法を取り続けます。
常に「安全に美味しく飲んでもらうこと」と「人的介入の少ない自然なワインを造ること」の間で戦っています。

おわりに

Sheldlakeでは、生産者の想いも含めて、ワインを安全に届けることを基礎としています。

我々が出会ったビオワイン生産者たちは、日夜畑に出向き、ブドウ樹をチェックして手入れし、その土地の生態系に寄り添うように畑を耕します。 情熱的な哲学と、ワイン造りへの真摯な想いがなければ、それを続けることは決してできません。

そんな彼らの「挑戦」と「情熱」に共感し、応援したい気持ちがあります。

もちろん、なにも手を加えず、自然のままに造ることだけが「正義」ではありません。
「ビオワイン」と一言で言っても、そのワインはどのように造られているのか?本当に自分がイメージしている「ビオワイン」なのか?亜硫酸とは何なのか? 1つの意見に偏るのではなく、様々な視点を持って、ワインを選んでいただければと思います。

ワイン造りへの情熱と愛情とを持って日々戦う、素晴らしき生産者のワインに出会えることを願っています。

sidebanner1

sidebanner2

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ