コラム

失敗しないワインの開け方

ホームパーティーなどで美味しいワインを飲む際、上手にワインボトルを開けたいと思う方は多くいらっしゃいます。栓の開封は慣れないと難しく感じるかもしれませんが、コツを知ることで簡単に開けることができます。

ワインボトルの栓は主に2種類

ワインボトルの栓は主に2種類

ワインボトルの栓は、大きく分けて「コルク栓」と「スクリューキャップ」の2種類があります。コルク栓は昔から使用されてきたものとして親しまれています。慣れないうちは開けるのが難しく感じるかもしれませんが、コツをつかめば簡単に開けられるようになります。

一方スクリューキャップは、近年のワインボトルの栓として使用されており、コルクスクリューなどを使用せずに簡単に開けられるのが特徴です。スクリューキャップにはショートタイプとロングタイプがあります。

それぞれの栓を開ける方法

■ コルク

コルク栓を開ける際は、まずコルク栓に付いているキャップシールを剥がします。剥がす際は、手よりもソムリエナイフなどを使うと綺麗に剥がすことができます。次に、コルク栓にコルクスクリューを差し込みます。コルク栓に対してコルクスクリューが垂直になるように入れるのがポイントで、斜めに入ってしまったり、差し込む深さが適度でなかったりするとコルク栓が折れてしまう場合もあるので注意が必要です。コルク栓にコルクスクリューがある程度差し込んだら、後は抜くだけで綺麗に栓が開きます。

■ スクリューキャップ(ロング)

スクリューキャップ(ロング)を開ける際は、まず片方の手でワインボトルの上部にある切り込み線の少し下辺りを握り、もう片方の手でワインボトルの下部分をしっかりと持ちます。後はボトルの下部分を掴んでいる手を回すだけで、開けることができます。ミシン目の上部と下部を持って開けようとすると、つなぎ目で怪我をする恐れもあるので注意しましょう。

番外編!スパークリングワインを開ける方法

番外編!スパークリングワインを開ける方法

スパークリングワインは温度が高い場合、ワインに含まれている二酸化炭素が膨張するため、その状態で開けると中身が外に飛び出してしまう可能性があります。それを避けるためには、ボトルを冷やすことが大切です。

スパークリングワインを開ける際は、まずキャップシールを剥がし、コルク栓を親指で押さえつつ針金部分を緩めていきます。後はコルク栓を押さえた状態を保ったまま、ボトルを慎重に回して抜くだけです。いきなり回すと勢いよく飛び出す場合もあるので、注意が必要です。

ご自宅で珍しいワインを飲みたいとお考えの方は、ぜひ当店の通販をご利用ください。当店ではスロバキアワインやオーガニックワインなどの珍しいワインをはじめ、人気のワインを数多く取り扱っております。ご自宅で気軽に贅沢なワインを楽しみたいという方におすすめです。また、ギフトセットなどもございますので、珍しいワインが好きの方への贈り物としても最適です。

sidebanner1

sidebanner2

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ