コラム

ワイン開けに失敗した時の対処法

ワインを飲もうとしてコルクの開け方に失敗したことはありませんか?ワインを飲む機会が多い方は、コルクがボロボロになってしまい、ソムリエナイフやスクリューでも空けられなくなってしまった経験が一度はあると思います。あまり無茶な方法を取ってしまうと、ビンが割れて危険な場合もあるので注意が必要です。こちらではワイン開けに失敗した時の対処法をご紹介しておりますので、ぜひ参考にお役立てください。

テコの原理で引き抜こう!

テコの原理で引き抜こう!

ワインが開けられなくなる状況で多いのが、コルクが割れてしまうことです。ワインのコルクが割れてしまった場合の対処法としておすすめなのが、ネジとペンチを使ったテコの原理です。まずは、割れたコルクにある程度の位置までネジを差し込みましょう。

次にペンチを用意し、力加減を調整しながらコルクを引き抜いてください。コツとしては、ネジを差す時にあまり力を入れすぎないことが大切です。また、ビンの縁を使ってテコの原理のように抜くことで、コルクが抜きやすくなります。

逆転の発想!コルクを押し込もう!

逆転の発想!コルクを押し込もう!

コルクがなかなか引き抜けない場合は、コルクを瓶の中に押し込む方法もおすすめです。ワインを飲み慣れていない方は、引き抜くことばかり意識してしまうのではないでしょうか?

無理に引き抜こうとしても、コルクが余計にボロボロになるだけですので、引き抜くのが無理だと判断したら早めに押し込むことをおすすめします。コルクがワインの中に入っても害はありませんし、それほど味にも影響はありません。どうしても気になる方は、デカンタージュと呼ばれる別の容器に移し替えてから飲む方法を試してみてください。

また、海外では瓶底をタオルなどの柔らかいもので包み、壁に打ち付けてコルクを浮かび上がらせる方法が紹介されていますが、この方法はあまりおすすめできません。綺麗にコルクを抜けることもありますが、味が著しく低下してしまいますし、瓶が割れて怪我をする恐れがあります。

当店では、スロバキアワインなどの珍しいワインを取り扱っております。珍しいワイン以外にも、人気の高いワインや飲みやすく美味しいワインなどを通販にて取り扱っておりますので、ぜひご利用ください。また、お世話になった人への贈り物として最適なギフトセットもございます。通販で珍しいワインや人気の高いワインをお探しの方は、ぜひご利用ください。

sidebanner1

sidebanner2

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ