コラム

ワインの味わいを表す言葉の種類とは?

ワインにはアタック・ボディ・酸味・甘口など、ワインならではの味わいを表現する言葉があります。これらの言葉は芸術の表現のように、様々なバリエーションがあり、ワインの美味しさを上手く伝えるために用いられています。

様々な情報を発信する「香り」

様々な情報を発信する「香り」

「香り」は、ワインの魅力の中でも大きな比重を占める部分です。ワインの香りには、品種、生産地を始めとした様々な情報を教えてくれます。もちろん、その生産者の“腕”も。

テイスターや愛好家のように、難しい表現を考える必要はありません。「レモンやグレープフルーツのような柑橘系の香り」「トロピカルフルーツ系の熱帯果実の様な香り」といった果実系の香り。「ハーブや香草、白い花」といった草花の香り。樹木、コーヒー、チョコ、シナモン、etc…。そのワインの性格によって、様々な表情を見せる「香り」を、まずは楽しんでみてください。

味わいの第一印象を表している「アタック」

ワインを口に含んだ時に感じる第一印象のことをアタックと表現します。アタックが強い、もしくは弱いなどと表現されることが多いです。

人が初めて会う人物に抱く第一印象が後まで残り続けるように、ワインも第一印象によってイメージがある程度決まってきますので、アタックはワインのイメージを形作る要素の1つと言えるでしょう。

味の厚みや膨らみを意味する「ボディ」

「ボディ」とは、ワインを口に含んだ時に感じる、重みやコクを表現する言葉です。甘味、酸味、渋味、アルコールのバランスを、“体型”を例に取り表現しています。ボディには、大まかに3種類の表現の仕方があります。

1つ目がライトボディと呼ばれるもので、コクや渋みが軽いワインを表現する際に用いられることが多いです。2つ目がフルボディで、アルコールや果実味を強く感じる際にそのように言う場合があります。そして3つ目がミディアムボディと言い、ライトとフルのちょうど中間を表す表現です。

テイスターがワインのボディを表現する際の一例としては、「スリムなボディ」、「グラマーなボディ」、「がっしりとしたボディ」等と表現します。

旨みの大きな要素である「酸味」

酸味は、ワインの旨みに最も関係のある要素の一つで、特に白ワインにおいて重要なポイントとなります。ワインの原料であるブドウには、りんご酸と酒石酸と呼ばれるものが含まれており、これらの酸によってもたらされる酸味は、味のまとまりや爽やかさに大きな影響を与えます。

「美味しい」と素直に感じるワインとは、「酸が高い」ものではなく、甘味や苦味との関係においてバランスが絶妙であるワインです。逆に、バランスが悪いワインは、「酸っぱい」「味気ない」といった感想になるでしょう。

ブドウの甘みを表現する言葉「甘み」

ブドウの甘みを表現する言葉「甘み」

甘みは、酸味と同じようにワインの旨みに大きく関わってきます。ワインの甘みによって辛口・中辛口・甘口・極甘口など細かく表現され、好みのワインを選ぶ際の基準にもなります。

ワインの甘みは単純に糖分の多さだけで決まるのではなく、酸味とのバランスによっても変化します。

人気オーガニックワイン通販で購入したいという方は、当店にお任せください。オーガニックワインを通販で提供している当店では、白、、スパークリング、ロゼ、スイートなど幅広いワインを取り揃えています。ギフトとしてもおすすめのワインセットも販売していますので、オーガニックワインをお求めの際は、ぜひご利用ください。

sidebanner1

sidebanner2

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ