ワイナリー紹介

Petr MARADA

Petr MARADA / チェコ

チェコ南東部、Moravia地方(モラヴィア地方)。スロバキアとの国境にほど近くのMikulčice(ミクルチチェ)を居を構える小ワイナリー。
創立者のPetr Maradaは、バイオリニストにして醸造/栽培責任者。小さな村の小さなワイナリーで、ワイン造りを一手に担う。
栽培面積は8ヘクタール。5年前より、ビオロジック栽培に完全転換。
幼少の頃より、古くから農業を営んでいた曽祖父と耕作用の馬に乗り畑に出て、土を学んできた経験。これが現在の栽培知識/技術の基礎となっている。

栽培においては、ブドウ樹・葉などの手入れは言うまでもなく、畑の雑草の量にも気を配り、調整に調整を重ねる日々。 必要がなければノンフィルターで瓶詰め。フィルターをかける場合は、慎重な澱引きを最小限行うのみ。SO2も同じく、必要がなければ無添加。状態を見て、瓶詰め時のみに最小限使用する。
畑の雑草はブドウ樹に悪影響が出ない程度に手作業で取り除くが、天候や畑の状態を見てコントロールする。

sidebanner1

sidebanner2

カレンダー
  • 今日
  • 臨時休業

ページトップへ